CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
前 << 2017-08 >> 後
LOGIN
[現在モード:ゲストモード]
USER ID:
PASS:
CATEGORIES/カテゴリー
ARCHIVES/過去記事

PROFILE/プロフィール
OTHERS
    処理時間 0.198041秒

from Sep. 2010

Count
Today
Yesterday


『季節はずれの海岸物語』
自作 Blu-ray & DVD

ROTARY JAPAN - BBS >
  • Rotary Room
  • 北海道
  •  
  • 東北
  • 関東(メイン)
  •  
  • 甲信越
  • 北陸
  •  
  • 中部
  • 関西
  •  
  • 中国
  • 四国
  •  
  • 九州
  • 沖縄
  •   

    The Rotary Graffiti



    『ポイントタウン』 関連
    2015-11/152017-05/04
    POWERED BY
    POWERED BY


    DESIGN BY


    Blogn 及び BlognPlus
    2017年 5月31日 をもって
    公開終了となります。
    サポートサイトも閉鎖です。

    今さら他のソフトに乗り換えるのもシンドイので、このまま行ける所まで使い倒します。



    第11作 自分の夢には素直になれよ
    第11作 '93冬(ひとりぼっちの波)/ 麻生 祐未(1993年 1月7日 放送)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。懲りずに隅を、つつきます。
    ここは、『勝手にダイジェスト』 で少し書いた所なので、カブリますが・・・。

    祥子との別れの時がやって来ます。

    とっこちゃんは、、、
    祥子には『圭介さんのタオル、受け取ってあげてくれないかな?』っと、

    圭介には『自分の気持ち言って、引き止めるのよ!』っと、二人を離れさせまいとしますが・・・。

    祥子は・・・ あいつは投げないよ。

    そして、圭介は・・・

      圭介さん何か言って、
       大嫌い、バ ~ カ 、
       言い返してよ、いつもみたいに。


       自分の夢には素直になれよ。

    やはり祥子にはわかっていた様に、圭介はタオルを投げませんでした。
    この回も、たまらんラストシーンです。

    『季節はずれの海岸物語』が欲しいと言う方はこちらを見て下さい・・『自作 Blu-ray
    季節のなかの海岸物語 ビデオ 動画 DVD Blu-ray 片岡鶴太郎 可愛かずみ 渡辺美奈代
    Asmic | 03:12 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第11作

    第11作 の、とっこちゃん
    第11作 '93冬(ひとりぼっちの波)/ 麻生 祐未(1993年 1月7日 放送)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。懲りずに隅を、つつきます。
    ・・・の、とっこちゃん/ My Best Shot 』、今回も行きます。

    第11作は、マドンナ・祥子(麻生祐未)の存在が大きく、とっこちゃんは重要なシーンだけに出て来ますが、その分、輝いております、です。

    この回だけでなく、何度か出て来ますのでファンの方は良くご存じかと思いますが、とっこちゃんは、ちょこっと、唇をかむクセ?、が有ります。

     たまらん仕草であります。

    もしかしたら、八重歯が有った時は自然とそんな具合になった、引っ掛かったのかも知れませんし、そうなるのを防ぐための『仕草』だったのかも知れませんが、、、
    定かではありません。

    圭介、とっこちゃんの年齢設定も明らかになりましたし、『36だ!』っと、圭介も最初に言ってますので分かり易いです。

    この第11作時点で、圭介は36歳、
    (ツジツマ、合ってます)
    するってぇ~と、とっこちゃんは28歳と言う事になります。



      この時、可愛かずみ 実年齢 28歳。
      美しさ・・・・ど真ん中です。
      そして『My Best Shot』    か な ぁ ~ ~  

    この頃、あの頃、確かに有りましたよね? 流行ってましたよね?
    私はどんな名前だったか知りませんが、髪の毛が濡れた様になった(濡れ髪)スタイリング剤?
    当時、大好きでした。たまらんでした。なので単純に『My Best Shot !』 


     で、、、第11作では

      素通り出来ない、、、もう一つの

      とっこちゃん Best!! 

    『季節はずれの海岸物語』が欲しいと言う方はこちらを見て下さい・・『自作 Blu-ray
    季節のなかの海岸物語 ビデオ 動画 DVD Blu-ray 片岡鶴太郎 可愛かずみ 渡辺美奈代
    Asmic | 02:18 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第11作

    第11作 しびれる台詞
    第11作 '93冬(ひとりぼっちの波)/ 麻生 祐未(1993年 1月7日 放送)

    体調は悪いは・・・、午後は幼稚園から帰って来る孫達のベビーシッターで激務だし、
    パソコンに向かえば『トライアングル・ブルー』の動画編集にと・・・、
    一日50時間くらい欲しい状態で、なかなか更新も出来ないままに一ヵ月。
    まぁ、、そればかりでは無いのですが、まだまだボチボチとマイペースで行きます。

    前回『台本に無いシーン』として世界チャンピオンの『鬼塚勝也』選手が出て来る事を書きましたが、この第11作では
    ボクシングネタと思える台詞が幾つか出て来ます。

    例えば、ここの『第1ラウンド・・・
    なんかもそうです。  
    するってぇ~と、『鬼塚』選手の登場に合わせて台詞も追加になったと思われそうですが、これらの台詞は始めから台本に有りました。
    鬼塚』選手の防衛成功、急遽出演に関係なく、準備されていた台詞でした。
    防衛に成功し出演しましたから、作る側からすれば思惑通りな展開となった訳です。

    そしてこちらは終盤に出て来る『ボクシングネタの台詞ですが、ラストシーンを思うと、グッと来ます。しびれます。  

    ね、祥子さん・・・

      ん・・・?


    圭介さんのタオル、
      受け取ってあげてくれないかな?


      あいつは投げないよ。
    この『あいつは投げないよ。』・・・実は台本に用意されていた台詞とは異なります。
    元々の台本の台詞は『ノベライズ本』に有りますので、本をお持ちの方は是非見て下さい。
    (ノベライズ本4 p157 ~ p158)
    台本に書かれた台詞の半分ほどしか有りませんが、放送版の方が何百倍も、グッと来ます。

    追記 2015-12/17
    少々訳あって YouTube の『トライアングル・ブルー』を非公開にしました。
    復活するか、このまま削除するか、更には編集し直して再アップするか・・・などは、しばらく様子を見て判断します。


    追記 2015-12/24
    トライアングル・ブルー』再公開と、一部再アップ。
    再アップ分は微妙な変更ですが、削除されるリスクを下げた、、、、つもりです。


    『季節はずれの海岸物語』が欲しいと言う方はこちらを見て下さい・・『自作 Blu-ray
    季節のなかの海岸物語 ビデオ 動画 DVD Blu-ray 片岡鶴太郎 可愛かずみ 渡辺美奈代
    Asmic | 02:32 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第11作

    第11作 台本に無いシーン
    第11作 '93冬(ひとりぼっちの波)/ 麻生 祐未(1993年 1月7日 放送)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。懲りずに隅を、つつきます。
    何が何でも台本通り・・・・・なんて言う事はあり得ないのですが、
    この第11作にも台本には全く無いシーンが追加されています。世界チャンピオンになったばかりの『鬼塚勝也』選手が出て来るシーンです。  
    鶴太郎さんと長いこと交流の有った人物です。世界を取ったばかりの現役チャンピオンがドラマに出るのですから、それだけでも当時は話題性が有ったに違いありません。

    でも夢は、、、あの海の向こうの
      赤い灯台に立つことでしょう・・・?

    は~ぃ、けど・・・
      赤い灯台に立っても自分の中じゃ~
      いつも青い灯台の光を出し続けるんじゃ
      ないですかね。


    この『鬼塚勝也』選手が出て来るシーンをばっさり切り取ってしまうと、台本通りの流れとなります。

     第9作では世界チャンピオンになる前の
     『鬼塚勝也』選手が出ていました。


    元々は圭介、とっこちゃんの二人だけの屋台シーンなので台本には有りませんでしたが、圭介が話しかける相手として出演したものです。

    この時も圭介が『鬼塚勝也』選手に話しかけるシーンを消すと、台本通りとなります。
    その時々で臨機応変な、柔軟な、意地悪な良い方をすれば、言葉は悪いですが(良い意味で)
    『適当な?』作り方をしていたんですね。たぶんこれも『D3 Company』の特色の一つなのでしょう。だから面白さが増すのかも知れません。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・ 好き勝手に言いたい放題ですみません。
      ここで書いている『台本』とは、あくまで私が持っている物の事であり、
      他の『バージョン』の有無も含め、それらの内容についても知るところではありません。

    追記 2015-11/05 時系列
     1992年 1月 2日 季節はずれの海岸物語 第09作 放送日 『鬼塚勝也』 出演
     1992年 4月10日 世界王座
     1992年 9月11日 1度目の防衛
     1992年10月 8日 季節はずれの海岸物語 第10作 放送日
     1992年12月11日 2度目の防衛
     1993年 1月 7日 季節はずれの海岸物語 第11作 放送日 『鬼塚勝也』 出演
    第11作の圭介と鬼塚選手のシーンは防衛戦後に別撮りで急遽追加したと言う感じでしょうか?
    これ(時系列)では台本に入れるのは不可能ですね。


    『季節はずれの海岸物語』が欲しいと言う方はこちらを見て下さい・・『自作 Blu-ray
    季節のなかの海岸物語 ビデオ 動画 DVD Blu-ray 片岡鶴太郎 可愛かずみ 渡辺美奈代
    Asmic | 01:57 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第11作

    第11作 圭介・・・堂に入る
    第11作 '93冬(ひとりぼっちの波)/ 麻生 祐未(1993年 1月7日 放送)

    季節はずれの海岸物語』重箱の隅つつき。懲りずに隅を、つつきます。
    この第11作は『何処を切っても金太郎!』じゃないですが、何処の場面も面白い、、、です。
    前回の映像 (圭介の部屋は、2階左から2番目)を使い回しです。

    どうしてこう、しょぼくれた男の
      顔ばっかり見てらんなきゃ
      いけないのかねぇ~~ほんとに!

    俺はそんな周りを巻き込む様な
      落ち込み方、しないよぉ~。。

    そうですかぁ~・・・。
      フラレ方も経験を積むうちに
      堂に入るってさぁ~~!

    人の傷口に塩塗り込む様な会話、
      しないでもらえますぅ!

    堂に入る(どうにいる)
    学術や技術などが、その道の深くまで達し、すぐれている。また、手慣れていて、すっかり身についている。(広辞苑)

    『圭介さんがフラれるのは、慣れていて、すっかり身についている』って、事ですかねぇ。
    それと、こんなシーン・・・・・・・・・・・・・

    初めてね、圭介さんああいうタイプ!
      関係ないよ。
        そうかなぁ~。

      でも・・・・。
       ん?

      初めてさぁ・・・、
       ん・・・
        女性に怒鳴った。
         圭介さんが・・・?

    元々は『優しいけど、スケベなのが欠点』な、普通の男子から始まったはずの圭介ですが、回が進むうちにだんだんと、こんな『圭介像』が出来上がっていました。
    まぁ、それが魅力でもあり『片岡鶴太郎』と言う役者さんにドンピシャ!、ハマッタんですね。
    イヤミな感じが全然しないですもん。も て す ぎ る の は、ち と イ ヤ ミ ?

    これが、誰が見てもトキメク様な美男子だったら当たり前で絵にならないし『普通の男子』がマドンナ美女に徹底的にモテルからこそ、夢が有って良い訳やね!
    『もしかしたら俺でもあんな美人と・・・』って、勝手に妄想出来るし。
    ただし、そのためには『清く・正しく・どこまでも優しく』は、必須ですが・・・。
    Asmic | 13:36 | comments (x) | trackback (x) | 季節はずれの海岸物語::海岸物語 第11作


    <<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 次の5件>>


    NEW ENTRIES/最新記事
    COMMENTS/コメント
      リアバンパーのプチ変形?
    • Asmic >03-19
    • kaatze >03-19
    LINKS/リンク
    SEARCH BOX/検索




    季節はずれの海岸物語しびれる台詞
    【高村 圭介】
  • ヒトの夢、奪う権利なんか無い(第3作
  • 危険と魅力ってぇ~のはな・・・
  • たぶん今夜は・・・降りそうにない。
  • それとも、貴方、価値の無い男ですか?
  • 俺たち・・・まだ恋してないじゃないか。
  • 仕事もちゃんと出来ない男に・・・
  • 自分の夢には素直になれよ。

  • 【とっこちゃん/新井 徳子】
  • ・・・オソッテも良いよ!
  • 想い出って、海といっしょね。
  • 張り裂けてしまう・・・って、か!
  • 冬はいつか終わるの。春は必ず来るって、
  • 忘れられないね、良い恋しちゃうと。
  • 苦しいのは胸じゃなくて、 ハートでしょ!
  • Hな春文のHね!
  • いや!!、、、自分でするの!
  • 私の夢はそこで終わったの・・・
  • 一人の人に真剣に恋したら・・・
  • 抱いて、、お願い・・・。
  • フラレ方も経験を積むうちに堂に入る

  • 【遠藤 和彦】
  • 独身でいる動機が違うよぉ !
  • 女に懲りたら男はおしまいだよ。
  • 公私混同は恋愛の第一歩だ。

  • 【渡辺 理恵】
  • 体裁とか常識・・・恋愛って言うのはね、
    そういう事どっかに行っちゃう事なのよ。
  • な か よ く !
  • 想い出とは、さよなら出来ない・・・

  • 第05作 明子】
  • 圭介さん、昔とちっとも変わらなかった。
    やっぱり変わったの、周りだけだね・・・

  • 第08作 柴田 かおり】
  • す き  で  し  た。

  • 第10作 岡村 優香子】
  • 見なきゃいけない所が、違うんじゃない?
  • したくない?、私と。

  • 第11作 渡辺 祥子】
  • あいつは投げないよ。


  • 季節はずれの海岸物語番外編
    【高村 圭介】
  • あれぇ〜、エンジン積んでないんっすか?
  • ・・・もう既に笑いたいって事だろう!!
  • ・・・くそとっこ・・・!

  • 【可愛かずみ/とっこちゃん】
  • 私は、とっこちゃんそのもの・・・
  • とっこちゃんが見た夕日

  • 【渡辺 理恵】
  • とっこさんに、お願いしてみたら・・・
  • 歯 に ぃ 、、、あ、青のりが・・・・

  • 第01作 真澄】
  • 圭介さんって、スケベなの?

  • 【D3 Company】
  • こんなの、みぃ~っけ!!
  • 『季節はずれ』と『Triangle Blue』

  • 【番外の、番外】
  • 本当の最終回は第10作 '92秋 再放送版
  • 初めての『中森明菜』
  • 季節はずれの・・・雑誌記事

  • 可愛かずみ 『遺作』 1997年 4月 5日