月別アーカイブ: 11月 2023

デミオ バッテリー交換

< おかぁ~ちゃんデミオ 2009DE3FS

27日、月曜日、の、朝の事です。
エンジンが掛からない っと、おかぁ~ちゃん。

どれどれ っと、
キーをひねっても、セルが頑張っているであろう音
『 ぐぅ~ 』とも、
『 カチッ 』とも、全く反応が無い。

これはただ事ではないと、電圧を測ってみると
低いのにも程がある、、って言う電圧で、これじゃセルは回りません。見事なまでに低い。

金曜日の夕方に止めて、置いて、そのままいじらずの二日間、月曜日の朝に反応なし。
前回の交換は 2019年 2月 2日 だったらしい。なので、もうじき丸5年?

おかぁ~ちゃんからは、具合がどうとか、何も言われていないので、気にする事も無かったのですが、
5年じゃぁ、完璧に寿命ですね。でもなぁ~~。

今回は Asmic FD3S と同じ様に チョイ乗り対応の
』ではない物と交換してみました。
GSユアサ ECO.R Revolution N-65/75B24L

製造日は 2023年10月28日 で、一箇月前。

やはり老舗、こっちの方が長持ちしますかね?
まぁ 交換時期は『 』と同じだとしても、安心感はこっちの方が上かな?

エンジンを掛けるとバッテリー端子部分で 14V は越えるので、他は問題無いと思うのですが。

FD3S マスターバック再生後

Asmic FD3S < GF-FD3S 5型/1999 Type-RS > ブレーキ

改めて、、、もう、1年近く前の事です。
中古で手に入れたマスターバック( マスターシリンダー付 )ですが、、

タンクだけは買ってあった のですが、バラした
マスターシリンダー内に腐食が有って、結局、
オーバーホールせずにマスターシリンダーも新品にしました。

入手したマスターバックの様に、見た目は綺麗でも、やはり20年以上も前の部品ですから、
そのままでは使えない、そのまま使うのは危険と言う事です。

中古で手に入れたマスターバック
整備、再生して、綺麗になって今は Asmic FD3S に付いてます。でも、中の風船は新しく出来ません。
こんな重要部品まで廃番になっちゃうんですね。

っと、言う事は、数が出ない?、故障しない?、
そんなハズはないと思いますが。

問題無く動作してますが、、予備、有りますか?

FD3S ブレーキ/マスターバック

Asmic FD3S < GF-FD3S 5型/1999 Type-RS > ブレーキ

もう、、、1年近く前の事です。
Asmic FD3S のブレーキ・マスターシリンダーの取付部から オイルの滲んだ様なシミ が有るのを見つけました。

部品を調べ出したのですが、『 マスターバックF132-43-800A )』は廃番になってました。
付いている物をメンテナンスして使うのが安上がりですし、そうするのが普通ではありますが、素人がそれをやろうとすると、結構、、大変な事になってしまいます。

そこで、中古を手に入れて、メンテナンス、ごっそり入れ換え、、そんな手順で進める事に。
入手した中古品です。( 1年近く前です )



最近の、ヤフオクなどに出ている物と比較すると、かなり状態の良い物だと思います。
でも、やはり、オイルのにじみ跡はしっかり有るんですわ。

特にマスターバックは廃番になっていますので、なかなか良い物が見つけ難い状態になっていて、
足元を見る、、な、感じにもなって、需要と供給、、難しいですね。

その後、、、これをメンテナンス( 再生 )して Asmic FD3S に使う、交換する事になります。
マスターバック自体は、そうそう壊れる物じゃないとは思いますが、中のゴム風船次第ですよね?
私はそれが不安でしょうがない、、、だって、部品が無いんですよ。

元々付いている( 付いていた )マスターバックは、メンテナンスして貴重な予備品となります。
今現在、交換完了したオリジナルは、メンテナンス待ちの状態が8ヶ月以上続いてます。
速くやれ、、、俺!

JA22W 初めてのワックス掛け

Asmic Jimny 2017 ~ < JA22W 1型/1996 > 外装

Asmic Jimny で、最近、気になっていた事が有ります。

屋根部分の塗装です。
青空駐車なので当たり前の事ではありますが。

先代 Asmic Jimny JA11V では 同じ青空駐車でも、
10年もノーメンテで全く心配する事も無く、
素晴らしい状態を保っていたので、ついつい。

んなぁ事は、それ自体がおかしいのですけどね。

塗装がこんな状態では、最近の『 コーティング 』な、処理では、、、っと、言う事で、
昔なつかしの、確か、、、車庫の中で見た様な・・・・ワックスを掛ける事にしました。

オヤジの代の、
コーティング材やら、ワックスが残ってました。

普通のワックスは、
スポンジがボロボロになっていて、、、

都合の良い事に、ふきとり不要、塗るだけって言うのが有ったので、今回はそれを使う事に。

Asmic Jimny では屋根の上は脚立を使わないと届かないので、しんどさも倍増です。
ふきとり不要とは言っても、何年ぶりかね?、、ワックス掛け。

懐かしい感覚の後に、これまた懐かしい、ツルツル、ピカピカの状態になりました。
屋根の上はそれなりですが、当分はこう言うメンテナンスで車自体を長持ちさせましょう!

久々の作業で、私は、ヘロヘロになりました。
。。。が、、、この後に Asmic FD3S も洗車したのですよ。                 

GORO 05 1983-08

いつまでも色あせる事なく・・・『 可愛かずみ Digital (可愛かずみ デジタル)
GORONo.05

   『 GORO 1983年 8月号 』のグラビアからです。
   (昭和58年)
 
 
   同じこの号からは『 GORO 03 1983-08 』も
   アップしました。
   その時も書きましたが、雑誌本体は無くて、
   持っている『 切り抜き 』も、状態は良くないです。

見開きのグラビアページではないので、大きな傷を消す程度の修正だけ手を入れてあります。
逆に言うと、、、あまり手を入れてない、、っと言う事でも・・・。

GORONo.05
 
 
 
このグラビアは『 ふり向かないで 』の
小沢忠恭 』氏が撮っています。
写真集『 ふり向かないで 』には同じコスチュームの異なるカットが2ページ有ります。
 
 
 
 
 
 
1983年 』ですから、
単純計算で かずみさんが 19歳の頃です。

追記 2023-11/21
この号の『 GORO 』、雑誌本体を探しましたが、市場に無いですね。有ってもプレミア。
明菜ちゃんが表紙だったり、『 浅野温子 』のグラビアも有ったりと、今となっては・・・が、
多く有るからでしょうか? 手が出ないです。

※画像にはロゴを入れたり、わざとサイズを小さくして掲載しています。
 傷や文字を消したり、つなぎ目を修正したり、技術と手間と、少しの愛情が必要となります。   
 著作権の有る画像を商用利用されるのは困りますので、この様な掲載方法にしています。
 転載、販売など、いかなる二次利用もご遠慮下さい。

ハイビスカスも越冬準備

家周り < ハイビスカス

みかんが色づき出したと言う事は、ハイビスカスも越冬準備が必要な時期になったと言う事です。
多少の前後は有りますが、毎年この時期に、室内へ取り込みます。

まだ花は咲いている状態で、つぼみもたくさん有ったのですが、、、
私が急に寒くなった、、っと、感じだしたので、
黄色い葉も増えだしたので、室内へ入れる事にしました。( 黄色い葉 = 寒いと言う合図 )

枝をガンガン切り詰めて、短くしちゃいます。
今年は、夏が厳しかったので、休ませるために、
つぼみが有っても、容赦なく切りました。

南国の花、、、そんな勝手なイメージは有りますが、暑すぎる日本の夏は苦手だし、
真冬の北関東でも室内では花が咲きます。でも、外では、このあたりでは枯れるらいいです。

今はたぁ~くさんに増やしましたが、、、

元々は、孫が小学校から持ち帰って来た
この1本から始まりました。

増やした 子ハイビスカスもたくさんの花が咲く様になり、大満足なのですが、それは私だけで、孫達は興味は無い様です。まぁ、そんなもんやね。

で、、うちの『 ハイビスカス 』ですが、正確な種類(名前)がわかりません。
たぶん、ですが『 レッドスター 』と言う種類だと思います

とても多くの種類が有るそうですが『 赤色 』ハイビスカスの代表みたいな物だそうです。

コロナワクチン接種 5回目

調子はどうよ? < 予防接種

昨日11月14日( 2023年 )、かみさんと一緒にコロナワクチンの5回目接種を受けて来ました。

4回目が昨年( 2022年 )12月7日だったので、
約1年ぶり、な、感じです。

何回目、、、って、
場所によって、年齢によっても違うんだろうけど、
案内が来た分に関しては毎回受けてます。

じじ、ばば、だけの老夫婦だけの家族ではないので、コロナに限らず、家に持ち込まれるルートが複数有るので用心するに越したことはないです。

去年の夏、我が家は全滅だった んだよね・・・。

追記 2023-11/15
副反応 ってやつですね。今までも有りましたが、注射した部分を中心に腕が上がらないほど痛い。
久しぶりの感覚で『 コロナ 』を実感してます。

みかん 2023

家周り < みかん

今年もボチボチですが、この季節がやって来ました。

うちのみかんは、順番から言うと実の数が
少ない 』年に当たります、たぶん。

昨年と 比べると、『 少ない 』様には感じます。

まだ、完熟と言う色ではなく、色づいてない物も有りますが、少しでも『 みかん色 』になっている物は かなり甘く、美味しいみかんになってます。

少しずつ収穫して行くと、どれも丁度良い感じの時に食べる事が出来ると思いますよ。

今年は、今までになかった様な、特徴的な実の付き方になってます。
上の写真、向かって左側に実が多く、右は少ないのが良くわかります。


  左側、これは『 』で、右は『 』側に当たります。

北側でも、直射日光の当たらない、木の下の方に集中して実が付いています。
普通は日当たりが良く、、、って言う所に美味しい実が付くのだと思いますが、今年の夏はその許容範囲を超えていたのでしょうね?

この木は 芝のすぐ横 に有るので、水の管理もそこそこ出来ていた場所なので、枯れずにすんだのかも知れません。

JA22W タイヤ交換

Asmic Jimny 2017 ~ < JA22W 1型/1996タイヤ

久々に Asmic Jimny ネタです。

来月、車検と言う事も有って、ずぅ~~っと気になっていたタイヤを交換しました。

随分と前から亀裂 が有りましたが、いよいよサイド面まで出て来ました。

車検が無ければ、もう少しネバルところですが、
いやいや、安全確保のため、交換です。

2011年 の春頃に作られたタイヤみたいなので、10年以上使っている事になりますが、走行距離が少ないのであまり減ってはいませんでした。

 注文する際に
 『 何かご希望はありますか?

 だったので、
 『 一番安いヤツ! 』っと、答えました。

バルブも交換、ぜぇ~んぶ込み込みで5万数千円。
結構な金額だとは思いますが、、、

でも、これだと、、Asmic FD3S では1本も交換出来ませんやね。

Asmic FD3S ではタイヤは2セット持っていますが、どちらも今回交換した Jimny の物より
古かったりします。年明けすぐ、こちらも車検がやって来る、、、どうする、俺?

やっぱり、有りました

家周り < その他

ハウスメーカーが点検 をしてくれましたが、なかなかその 補修作業 を依頼する事は出来ません。
とは言っても、放っておいても家の劣化は進むダケなので、その内容を参考にして自分で出来る事はそれなりに手を入れます。

自分で手の届く場所、簡単なペンキ塗りなんかは
その代表作業の一つですわな。

私の様な素人は、ペンキ缶を開けるのにやっぱり
ドライバーを使う訳ですよ。

それも何年ぶり?
みたいに、忘れた頃にやりますから、その度に緊張しながらね?

缶を開けるのに、もっと良いヤツねぇ~~かな? って、、探せば、やっぱり有るんですわ。

エアポンプを交換した時 も、ちょいと便利なルーツが有りましたが、『 ねぇ~かな? 』って思う物は、今の世の中、大抵の物は有ります。

今回は『 缶オープナー
100円前後で買える道具(工具)ですが、
目からウロコ らしいです。

実は、わたくし、まだ、使っていません。

一缶は、この道具を買う前にドラーバーで開けてしまいましたが、次に作業する時まで、
その感動はとっておきます。